コッチもヤってる
Welcome !
page top
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top

えーまずはじめに。
HGガンダムデュナメスの紹介記事を目当てでいらした方へ
ウチではHGガンダムデュナメスのご紹介はやっておりません。狙い撃っておりません。
おそらくリンクミスかと思われます。
コチラコチラのサイト様かと・・・・



はい、HCM-ProのEz-8のご紹介をする予定ではおりましたが、知人その2の結婚式に参加して、買いに行く暇がありませんでした。
そこで今回は代わりにもならない既発売HCM-Pro、グフをご紹介します。
何故今グフか?それは半年くらい前、投売り¥500で購入したのが出てきたからです。
環境が違うのでいつもより画像が暗いです。


ラ:わはははザクとは違うのだよ、ザクとは!!

  しかもわが小隊にはザクはおらん!!

  アコース的な赤いの、クラッカーだ!


赤いの:えー自分の方が手が空いているのに・・・
    
 っていうかザクだし、アコースじゃないし、赤服だし!






型式はB型ですが、なんだかB型とB3型の中間のようなイメージです。
グフカスタムも出るかな?




シールド裏にはヒート・サーベルの柄を装備可能。


ヒート・ロッドは長・短とガンキャノンの腕に巻きつけたイメージのものが付属。








しかし、ヒート・サーベルなのに、なぜ刀身が無いのだろう。
ビーム・サーベルじゃないのに。











一年戦争期のMSですが、HCM-Proとしては技術も円熟した頃に発売された製品ですので可動範囲、造形とも安定したレベルです。
その後にフリーダムとかエクシアとかヤッチマッタ感の強いアイテムもありますが。
Ez-8はあした買おう。
やはりZZガンダムを要求します。



 ◇玩具放浪記
  レビュ:リボルテック(REVOLTECH) 039 ガイキング フェイスオープンVer.(バージョン)  

 ◇オーメン72
  レビュ:機動戦士ガンダム V作戦セット バンプレスト製プライズ品  

 ◇RADICAL BLOG
  レビュ:海洋堂 リボルテック No.38 スーパーバルキリー VF-1A(一条輝機)  

 ◇C-zone:A
  レビュ:EMIAXXXG-00W0 ウイングガンダムゼロ

 ◇ゲーザ10歳

 ◇オモチャレンジャー

SCM Zガンダム 2nd、リボルテック VF-1A他のご紹介をいただき、ありがとうございました。
また、コメントをいただいたサイト様、重ねて御礼申し上げます。





☆玩具サイト様徘徊

 ◇へたれClimax F
  レビュ:バンダイ HG 1/144 GN-002 ガンダムデュナメス    

 ◇ガムの玩具店
  レビュ:バンダイ HCM Pro46 RX-79〔G〕Ez‐8 ガンダムEz‐8   

 ◇TASTE
  レビュ:マックスファクトリー 涼宮ハルヒの憂鬱 朝倉涼子  

関連記事

コメント

管理人にのみ表示

ハイコンプロは集めていませんが、やはりグフは最高です!
ファーストでも最も好きなMSですね。(^O^)
ダミアン | URL | 2007/11/17/Sat 22:55 [EDIT]
ハイコンはMIAと並んで塗装精度に問題があるとよく聞きますが、これはパッと見問題ないように見えますね。当たりだったのでしょうか。
85年生まれですが、幼児期に劇場版ガンダムの再放送を見たおかげで、グフというとB3では無くやはりこっちです。004ばりの指マシンガンが衝撃的でした。

そういえば、管理人様はコトブキヤの1/100アルトはご購入予定でしょうか?
もし興味がお有りでしたら、迷わず買われるようお勧めいたします。
私も昨日組んだばかりですが、今のコトブキヤの技術が全て詰まったスパロボプラモの最高峰だと思いましたよ。

まぐ | URL | 2007/11/18/Sun 23:49 [EDIT]
ダミアン さま

グフはカッコいいですよね!
格闘戦に主眼をおいた期待ってのが個人的にツボです。
あと、ヒゲオヤジなのに強くてカッコいいランバ・ラルも魅力的でした。
なにより、”改良強化新型”ですし!

---------------
まぐ さま

この時期のHCM-Proは塗装品質も安定していて安心して購入できました。
塗りわけの少ないジオンMSは塗装品質に関してはあまりハズレは無いような気がします。
1/100アルトは購入していません。
ウチは基本的に同スケール(1/144くらい)のサイズに主眼をおいているのと、ディスプレイ場所の問題、あと、スパロボ関連の地獄のような在庫の数を鑑みると、とても1/100のアルトに手を出す勇気が無くて・・・
しかし、最近のプラモは非常に出来が良いですね。
いじるトコなさ過ぎて誰が作っても同じに見えてしまい、個性が感じられないのが、個人的には少し寂しい気もしますが・・・
干しぶどうX | URL | 2007/11/19/Mon 01:50 [EDIT]
うちにもあります・・・ランバ・ラル様^^
うちのは確か・・・TJの福箱(価格1万)を買ったらあった気が・・・
でもちゃんと弄って遊んで仕舞ってますww

いいですよね・・・ラル様
ザクⅠも出ないかな・・・ラル様仕様の
しし丸 | URL | 2007/11/19/Mon 10:56 [EDIT]
しし丸 さま

グフ、いいですよね~
なんか戦う漢の機体って感じで。
種死のちんどんやのような派手なオレンジのとかは何とかして欲しかったですが。
ザクIも確かに欲しいです!

あとB3も欲しいかな。Ez-8が出た後だけに。
干しぶどうX | URL | 2007/11/19/Mon 11:54 [EDIT]
<管理人様
<1/100アルト
そうですかー。それだけ条件があるとなると仕方ないですね。
<誰が作っても同じ
1/1スコープドッグの作者さんも同じことを仰られていましたね。
ここら辺は人によって見解の分かれるところかもしれませんね。
ただ、いくら出来が良くなっても、個人にとって100%正解になるマスプロ立体ってのは殆ど無いと思うので、手を入れる人は手を入れて個性を出すと思うのですが・・・どうでしょう?
昔の模型状況を知ってるわけでは無いのですが、昔のプラモって、作れば必ずその人の個性が出たものなんでしょうか?
ここら辺、当時を知ってる方に一度お聞きしてみたかったのですが・・・どうも私の歳だと実感がわかないので。
乱文申し訳ありません。
まぐ | URL | 2007/11/22/Thu 01:04 [EDIT]
まぐ さま

すみません。理屈っぽいレスをしてしまいましたね。
これはキットの品質云々ではなく、プラモデルを作る世代の違いかもしれませんね。

我々のようなリアルタイムガンプラ世代(といってもボク自身はファーストより下のゼータ世代ですが)が育った時代のガンプラは、ご存知の通り、ほぼ単色の成型色、良くても4、5色といったもので、ちゃんと完成させるには必ず接着や塗装をする必要があったんですね。
塗装ひとつとっても、劇中の設定どおりにきっちり塗装する子、設定なんて完全無視で自分の本能の赴くまま好きな配色の塗装をする子等、またその塗装方法も、解説書を鵜呑みにして、ランナーのまま塗装して、ゲート跡や合わせ目が残ってヤッチマッタな子とか、ちゃんとタミヤパテを使って合わせ目を消してから、ピースコンで塗装する子等、それぞれの個性や性格が見て取れたものでした。小学校高学年は殆どの子がキットを塗装して完成させていました。当時、我々の仲間内では、1/144ザクII(今で言うところの高機動型ザクII)は作るのが難しいとかよく言われたりしていました。今となってはその根拠が判りませんが・・・・・
最近のキットは自分好みの改造はおろか、塗装や合わせ目消しさえも必要とせず完成させられるキットが氾濫し、それらのパチ組で手に入る完成品に満足してしまい、塗装や改造のテクニックを向上させる場が無く、最近のキットはそういう機会も奪ってしまうのかなと思った次第です。
まあ当然それは人それぞれですが、最近はそういう人が確実に減っているなと感じたもので・・・・
最近の良いキットを否定しているわけではありません。ボク自身もその恩恵を受けている人間ですので。
まあウチのように改造をウリにしているサイトにとってはいじるトコがないと、運営上ちょっと困ってしまいますが・・・・
そんな管理人の愚痴と取っていただいてもよいかと。
干しぶどうX | URL | 2007/11/22/Thu 01:51 [EDIT]
<管理人様
大変丁寧な御返事、ありがとうございました。
こちらこそ、質問文がなんだか攻撃的になってしまい、申し訳ありません。
管理人様がおっしゃる所の「個性」がどういうものなのか、具体的に分かった気がします。たぶん、「キットは素材」という言葉が、良い意味で実感として当たり前にあった時代なんでしょうね。
そういう意味で考えると、たしかに、半完成品に近いような現在のキットは、管理人様のおっしゃるような弊害を持っていると言っていいと思います。
ただ、現状プラモを取り巻く状況や、プラモ自体の立ち位置も色々変わってきてますし、お客さんの嗜好の変わりよう等も考えると、「なるべくしてこうなった」という感もあるんですよね・・・。
模型(この場合ロボプラモ)が、「作る楽しみのあるもの」から「劇中のロボの立体を手に入れるための単なる手段の一つ」と捉えるお客さんが増えたのもあるんでしょうし(私と同じ世代か、これより下の場合、確実にこの傾向が強い気がします。個人的な思い込みですが)。
人によりけりで感じる部分の違う問題ではあるんですが・・・難しいですね、本当に。




まぐ | URL | 2007/11/22/Thu 18:39 [EDIT]
まぐ さま

>>「キットは素材」という言葉が、良い意味で実感として当たり前にあった時代なんでしょうね。
>>ただ、現状プラモを取り巻く状況や、プラモ自体の立ち位置も色々変わってきてますし、お客さんの嗜好の変わりよう等も考えると、「なるべくしてこうなった」という感もあるんですよね・・・。

おっしゃるとおりかと思います。
語彙の少ない管理人の言いたい言葉がその文章に集約されていると思います。
”プラモデル”に対する想いは人それぞれかと思いますし、色を塗るのも塗らないのも、改造するのもしないのも、自由ですし、束縛されるものでもありませんしね。
ホントはスパロボ関連のキットはお手軽フィニッシュで手早く完成品を並べたいところなのですが、このようなサイトにしてしまったがために、掲載の完成品はそうするわけにもいかず・・・・・
1/100アルトはご紹介いただいてからかなり気持ちも揺らいできましたので、年末年始の暇なときにでも手を出してみようと思います。
干しぶどうX | URL | 2007/11/22/Thu 19:59 [EDIT]



まとめ

copyright © SR Blood Zwei all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


    趣味・ペット・旅行・写真 おもちゃ 自動リンク集   


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。