コッチもヤってる
Welcome !
page top
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top



頭部はスミ入れ以外、ほぼ終了。
あと、頭部以外の黄色部の下地に白を筆塗り。
リタッチするので、現段階でのはみ出しは気にしません。



Blogとは別に、スパロボ専門サイトを運営しておりますが、そのサイト関係で、”嬉しいこと” がありました。

Yahooカテゴリに登録してもらって、約1年半。
それによってアクセス数が上がることはなく、あまりメリットは感じていませんでしたが、今回初めてその成果を実感しました。

具体的には書けませんが、ありがたいことです。

スポンサーサイト
page top

昨年末から途絶えていたヒュッケバインガンナー制作日記。
実は、年明けから3月いっぱいまで、呼吸器系に少し気を使わなければならない状況が続いておりまして、溶剤の使用やブラシ塗装を控えておりました。
晴れて健康を取り戻せましたので、ガンナー塗装作業再開です。

≪ OPEN ≫
page top

1月31日までプレゼントやってます。

その応募者の方のご意見で、比較的多かったものが、『フルアクションフィギュアとかプラキットとかの改造部をもっと見せておくれよ。おまえさん。』といったものがありましたので、今回は掲載してみます。
いつもお世話になっている方のご希望でもあったもので。

お題はヒュッケバインMK-III。
ガンナーにフィッティングさせるために制作中のものですが、判りやすいように塗装前のものでいきます。
自宅撮影ではないため、コンデジ、自然光撮影です。
いつもよりさらに粗くてごめんなさい。


改造後はこんな感じ。
改造前の画像はありませんので、所有の方はお手持ちのものとの比較でお願いします。
塗装前に太腿と脛の合わせ目も消そう。


個人的に重大なポイント。
電撃ホビーマガジンFAFの共通の欠点として肩関節が横に広げられません。
これだけシリーズを重ねても、意地でも動かす気が無いようですので、ここは個人的に必須の改造です。
画像は改造後のもの。


まず、肩の工作。
肩付け根接続軸を切り飛ばし、3mm軸5mmボール径の市販ボールジョイントに変更します。


そして肩部内にコトブキヤ M.S.G ABSユニット02 Hジョイントの中サイズをL字に曲げた状態で肩部内に接着。
そして上腕に接続側に3mmプラ棒を接着。
力のかかる部分ですので、真鍮線(1mmくらい)での補強は必須かと。
上腕部は長さ調整のため5mm程カットし、接続軸を通すための3mm穴をあけています。
分解するのはイヤだけど、文言だけでは判りづらいと思いますので・・・・


こんな感じで内蔵されています。


首部。
頭部接続用のボールジョイントを切り飛ばし、2mm穴を開孔。
2mm軸4mmボール径の市販ボールジョイントに変更。
伸縮させるために軸は接着しません。
これにより、AMガンナーにライディング時に、より自然に前を向かせることができます。
本来は見栄えを考えてスペーサーをかませたりしますが、今回は伸ばしてもあまり見栄えに変化は無かったため、スペーサーを用意はしませんでした。


腰部。
完全固定だったため、腰部で上・下半身を切り離しプラ板4mmの積層で腹部を延長。
イエサブ関節技を仕込み、前後屈伸、左右旋回を可能としています。
当然、前後屈伸のクリアランスも考慮しています。


足付け根部。
極端に狭い可動範囲だったため、足付け根ボールジョイントを切り飛ばし、3mm軸5mmボール径に変更。
太腿部は付け根BJ接続部を6mm程削り取り、ボール受け部に5mm穴を開孔。
ボール受け部をボールジョイントにせず、あえて5mm穴にすることで可動時のバランスを調整できます。


・・・といった改造を施して、こんな感じや、

IMG_3113.jpg
な感じの可動、プロポーションとなります。
足首の接地性はどうしようかな・・・

当然、これまでの制作物すべてにこの構造が当てはまるわけではありませんが、ヒュッケバインシリーズは構造が同じため、ほぼ同様の工作でいけると思います。

こんな解説で参考になったかな・・・・



〔巡回記録更新しました〕








page top



外出ばっかり、引きこもりたい。
どう逆立ちしても年内完成は無理そうです。
ごめんなさい。

AMガンナーに乗っける用のフルアクションフィギュアMk-III、あれからさらにいじっております。
腰の延長、可動追加の他、各部関節も変更しております。
結構動くようになっております。

年内、あと一回更新できるかな。
はてさてふぐ。

page top




固定の方のMk-III本体の塗装に着手。

ここからは筆塗りです。
マスキングがめんどいです。


page top



進めてます。
青吹き後、マスキングを端折った白部分を筆でリタッチ。
思いのほかフルインパクトキャノンの銃身に手間取っています。
マスキングし辛い部分で、修正しつつフリーハンド筆塗り。
これが、4本×2機の計8本。

うむ・・・




まとめ

copyright © SR Blood Zwei all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


    趣味・ペット・旅行・写真 おもちゃ 自動リンク集   


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。